脇の下に「黒いブツブツ」ができた。その原因と対策方法を紹介します

黒いブツブツ

黒ずみのようだけど、良く見れば「脇の下に黒いブツブツができていた」とお悩みの人も多いと思います。

脇毛の処理を頻繁に行う女性であれば、「黒ずみトラブル」は多くの人が抱えている問題であり、より良い対策方法を模索しなければ「ずっと改善しない」ということも十分考えられます。

脇の下にできた黒いブツブツは、原因を知り、しっかりとした対策を練ることで比較的改善しやすい症状です。まずは原因を知り、それに準じた対策を考えていくようにしましょう。


そもそも、なぜ脇の下に黒いブツブツができてしまうことになるのでしょうか?

私たちの肌を、紫外線や外部からの刺激から守ってくれる「メラニン」と呼ばれるものが存在しています。メラニンがなければ皮膚細胞に直接ダメージを受けるため、皮膚ガンなど重大な病気に発展する可能性がとても高くなります。

そんな、私たちの体になくてはならない「メラニン」ではありますが、その活動とは裏腹に「残念な結果」を私たちの肌に残してしまうのです。

メラニンが活動すると「メラニン色素」というものが発生します。このメラニン色素が肌に定着してしまうと、あなたが悩んでいる「黒ずみ」や「黒いブツブツ」になってしまう訳です。

特に脇の下は皮膚が薄いため、ダメージを受けやすくなっています。そのため、多くの女性が「脇の黒ずみ」に頭を悩ましているのです。

汚れが溜まっている


脇の毛穴に汚れが詰まることによって、黒いブツブツができてしまうことがあります。脇の下を常に清潔な状態にしておき、汚れが貯まらない工夫をすることが大事です。

特に、「黒ずみが気になるからファンデーションを塗って誤魔化している」という人は注意が必要です。洗浄時にファンデーションを落としきることができず、それが結果として「黒いブツブツ」になってしまうことも考えられます。

また、匂いを消すクリームだったり、汗をかきにくくする制汗剤も同様です。もし使用するのであれば、しっかり洗浄することを心がけるようにし、洗い残しがないようにしておきましょう。

剃るのではなく「抜いて」いる


カミソリを使い脇毛を処理するのではなく、根本からピンセット(毛抜き)などで「抜いている」という人は根本から処理方法を変えたほうが良い場合もあります。

というのも、毛を抜くことによって伴う「肌のダメージ」というのは相当なものでして、いつも以上にメラニンが活発に働いてしまうことになります。

更に、「抜く」という行動は毛穴に直接的なダメージを与えることになりますので、全体的に黒くなるのではなく、「部分的に(ブツブツに)」黒ずみができてしまうことになります。

今まで毛抜きを使い脇の処理をしていた。という人は、これから「カミソリ」中心のケアに鞍替えしたほうが良いと思います。(カミソリでも黒ずみはできますが)

黒いブツブツの対策方法


自力で(カミソリや毛抜きを使って)脇の処理を行う以上、ある程度の黒ずみになることは覚悟しておうたほうが良いです。黒ずみを絶対的に対処するには「ノンダメージ」で対策しなければなりませんから。

対外的にダメージを与えるカミソリを使用している時点で、肌へのダメージをなくすことは不可能なのです。

ですので、ここで重要なのが「肌へのダメージを極力減らすこと」でして、その対策を行うか行わないかを比較すれば、圧倒的に「対策を行った」ときのほうが、良い結果を残すことができるようになります。

では、脇の処理をするときはどのような対策を練ることが良いのでしょうか?

結論としては、「カミソリを使用する前にクリーム(ローション)を使って肌へのダメージを抑えること」と、「処理後はダメージを受けた肌を保湿し整えるため、化粧水と乳液で保護する」ことで、対策することになります。

特に、処理後のアフターケアはとても大切ですので、面倒臭がらず行うようにして下さい。(参考→黒ずみは化粧水で改善する?

これらに対策をすることで、劇的に!まではいかなくとも、対策する以前よりは「黒ずみがマシになった」ということを実感できると思います。

ただし、何事も「継続」が大事でして、一週間やったけど効果がなかった・・・。というのは非常にナンセンスな言い分です。まずは最低でも一ヶ月は毎日継続するようにし、様子を見てみるようにして下さい。

脇の黒ずみ対策には「ピューレパール」がオススメです

ピューレパール

値段 返金保証
4750円〜 60日間

 「ピューレパール」公式サイトはコチラ

より詳しい情報は→「ピューレパール」の効果と口コミのまとめページで紹介していますので参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。