ワキガには「塩化ナトリウム」が効く?

N189_iryounogenbanashi_TP_V

「ワキガには塩化ナトリウムが効く」という話を聞いたことはないでしょうか?

ワキガが原因で病院を受診すると、初期の段階で処方されやすいのがこの「塩化ナトリウム」です。裏を返せば「病院で処方されるぐらいなのだから効果はある」と言えます。

ワキガで悩んでいる人は、一度試してみる価値はあると思いますので、このページでは「塩化ナトリウムでワキガが治る!?」というテーマでお話していきます。


まず、「塩化ナトリウム」とはどうようなものなのか?という点をハッキリさせておきましょう。得体のしれないものを自分の体に使用する訳にはいきませんからね。

塩化ナトリウム(えんかナトリウム、sodium chloride)は化学式NaCl で表されるナトリウム塩化物である。単に(しお)、あるいは食塩と呼ばれる場合も多いが、本来「食塩」は食用、医療用に調製された塩化ナトリウム製品を指す用語である。引用:wikipedia

難しい単語ばかりが並んでいますが、要するに塩化ナトリウムは「塩」だということです。ナトリウムと聞くとなんとなく怖いイメージを持ってしまいますが、これで「それほど危ないものではない。」ということは分かりましたね。

さて、この「塩化ナトリウム」がワキガに効くのかという話ですが、「軽度なワキガ」であれば効果を感じられることもあるようです。もちろん、万人に効果があると言い切れるものではありませんので、その辺りは理解しておくようにしましょう。

また、「塩化ナトリウム」が含まれているデオドラント用品もあります。

そもそも、塩化ナトリウムがもたらしてくれる効果は「制汗」です。ワキガの原因(参考→ワキガの原因)でもある「汗」を抑制することができればワキガは改善できますので、塩化ナトリウムによる改善効果は期待できそうです。

多少は匂いを抑える効果もありますので、「軽度なワキガ」であれば塩化ナトリウムを使用するだけで改善することも十分考えられますね。ただし、肌が弱い人は「肌荒れ」を起こしてしまうかもしれません。

その辺りは、かかりつけ医に相談してみるようにしましょう。

根本的な解決にはならない


ワキガは、「アポクリン腺(参考→アポクリン腺とは?)」から分泌される汗によって引き起こされます。ですので、根本的な原因である「アポクリン腺」をどうにかしないことには、根本的な解決にはならないのです。

先ほどお話した通り、塩化ナトリウムは「制汗作用」があるだけです。一時的に汗が出にくい環境を作り、ワキガを抑えこむ訳です。

もちろん、一時的であれワキガを抑制できることに越したことはありませんが、「ワキガを完璧に治したい!」という気持ちが強いのであれば、塩化ナトリウムに頼るのではなく、他の方法を模索してみることをオススメします。

ワキガ対策には「クリアネオ」がオススメです

スクリーンショット 2016-04-15 21.51.07

お値段 返金保証
4980円〜 永久返金保証付き

 「クリアネオ」公式サイトはコチラ

 

より詳しくはクリアネオは効果なし?のページで紹介していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。