発汗恐怖症とは?改善策は?

発汗恐怖症とは

特に暑い訳でもないのに大量の汗をかく。人前にでたり、異性と喋ろうと思うと大量の汗が出てしまう・・・。

そんな症状にお悩みの方は、「発汗恐怖症」の疑いがあるかもしれません。

そのまま放置しておくと身体へ重大なダメージを与えることにも成りかねませんし、いつまで経っても「大量に出る汗」で悩み続けなければならなくなります。

発汗恐怖症は正しい対策をすることで高確率で改善することが可能な症状です。「汗がでるのは仕方ない」と考えるのではなく、「どうにかして大量に出る汗をどうにかしたい」と考えるほうが良いでしょう。


そもそも「汗」が出る最大の目的は「体温調整」です。なので、暑さ厳しい夏の季節になると「体温を下げなければ」と身体が判断し、大量の汗をかくことになります。

ですので、暑いときに大量の汗をかくことは正常なことであり、発汗恐怖症には当てはまりません。その汗をどうにかしたいのであれば、制汗剤などで対策することをオススメします。

では、「発汗恐怖症」とは、どのような症状のことを指すのでしょうか?

具体的には「精神的な要素が絡んだときにでる大量の汗」のことを指します。例えば、「人前でスピーチをするとき」「結婚式の幹事をやるとき」などの緊張する場面で、大量の汗をかいてしまう場合は発汗恐怖症の可能性が高くなります。

また、強いストレスを感じたときに大量の汗をかく場合も、発汗恐怖症だといえるでしょう。

それに加え、「また大量の汗がでたらどうしよう」「汗をかいていることをバカにされてないかな?」と不安に感じることによっても、汗がでてしまう原因になってしまいます。

発汗恐怖症の原因


前項でも説明した通り、発汗恐怖症最大の原因は「ストレス」によるものです。では、なぜストレスを感じることにより、大量の汗をかくことになってしまうのでしょうか?そのメカニズムを説明します。

「汗をだす」という行動は、私たちの意思ではどうすることもできません。汗をかきたいときにかける訳でもありませんし、汗よかけ!と念じたところで汗がでる訳でもありません。

そんな私たちの意図できない行動を調整してくれているのが「自律神経」と呼ばれるもので、「交感神経」と「副交感神経」2つを合わせての総称となります。

汗を調整しているのは「交感神経」なのですが、ストレスを感じてしまうことで「交感神経が乱れてしまう」ことになります。

その結果、「汗をだす」という行動にも乱れが起きてしまうことになり、調整が効かず大量の汗がでてしまう。という訳です。また、反対に「全く汗がでない」という症状がでることもあります。

発汗恐怖症の改善方法


一見どうしようもないように感じる「発汗恐怖症」ではありますが、自力で改善することは可能です。深刻な場合は医師の診察を受けることをオススメしますが、その原因が「精神的なもの」である場合、比較的簡単に改善することができます。

というのも、発汗恐怖症の原因は「ストレス」によるものだからです。原因の元となるストレスを取り除くことができれば汗の量も次第に落ち着いてくるようになります。

ですので、如何にして「メンタル面のケア」ができるかどうかが、発汗恐怖症を改善するためのファクターとなるのです。

例えば、「脇汗が沢山でることで他人に嫌な目で見られていないか」と感じてしまう場合、「他人の目など気にしない」と自分に言い聞かすだけでも効果がでることがあります。

そもそも、自分が思っているほど「他人はあなたの汗事情」に興味はありません。一番気にしてるのは、他人ではなく「あなた自身」だということを分かっておいて下さい。

あなたが汗をかくことで他人に迷惑はかかっていないでしょうし、なにも汗をかきたくてかいている訳でもありません。「自然にでるものだから仕方ない」ぐらいの毅然とした態度を振る舞っておけば大丈夫です。

後は、好きなこと(趣味)に没頭してストレスを解消するとか、よく睡眠をとるだとか。ストレスを解消する方法は沢山あると思います。

ぜひ、ストレスフリーな生活になるよう努力し、「大量の汗をかく悩み」から一刻も早く開放されるよう頑張ってみて下さい。

脇汗対策には「ラプカルム」がオススメです

スクリーンショット 2016-04-15 21.39.48

お値段 送料・代引手数料
2980円〜 無料

 「ラプカルム」公式サイトはコチラ

より詳しい情報はコチラのページで紹介していますので、参考にして頂ければと思います。→ラプカルムは効果がある?その口コミをまとめてみる

コメントは受け付けていません。