脇の黒ずみは「皮膚科」に行くべき?

皮膚科

脇の黒ずみのことで悩みすぎて吐きそう。

という人は、とりあえず「皮膚科」を受診してみるという選択肢も考慮しておいたほうが良いです。

精神的な悩みを抱えたまま生活を続けてしまうと、そのストレスから自律神経に悪影響を及ぼしてしまうかもしれませんし、自分自身に自信を持てなくなってしまうことも考えられます。

早急に対応しなければ、鬱に似た症状を併発してしまう恐れがあります。では、「黒ずみの治療」を目的に皮膚科へ足を運んだ場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか?

また、黒ずみ治療に適した病院を探すにはどうすれば良いのか?このページで解決していきたいと思います。


「脇の黒ずみ」を治すために、皮膚科で行われる治療は主に3種類の治療方法があります。黒ずみの程度やかけれる費用、治療までの時間を考慮して決めることになりますので、ご自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

また、皮膚科で黒ずみを治療するには、基本的に「時間がかかるもの」と認識しておいたほうが良いです。仕事が忙しくで定期的に受診することができない。となると、十分な効果を得られないことになるので注意しておきましょう。

皮膚科に通う時間がない人は、やはり自宅でできる「黒ずみ解消法」を実践するほうが良いですね。

皮膚科で行う黒ずみの治療方法は「塗り薬」「レーザー」「ケミカルピーリング」の3種類です。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

塗り薬による治療


黒ずみを解消するために皮膚科で処方される塗り薬は「ハイドロキノン」と呼ばれるものです。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、美容関連の処置によく使われる薬剤です。

名前を聞く限りでは「なんとなく怖い」イメージを持つかもしれませんが、一般的に認知されている薬剤であり、その効果にも定評があるので安心して使用することができます。

ハイドロキノンは「メラニンを抑制する効果」があり、患部に塗布することでその効果が得られることになります。詳しくは「黒ずみの原因」のページを参考にして下さい。

ただし、一度や二度の使用では十分な効果を発揮することができず、改善を実感できるようになるには長期間継続的に使用する必要があります。

即効性はないが、確実に黒ずみを処理したい人には向いている治療方法でもあります。

レーザーによる治療


レーザーによる治療はそこそこの出費になりますが、お金の問題さえクリアできれば「凄く効率の良い治療法」となります。黒ずみの程度によれば、一度の治療で完治してしまうことも考えられます。

レーザー治療のメカニズムとすれば、患部にレーザーを照射することで、肌内部にあるメラニン色素を破壊し、結果として「黒ずみを治す」ということになります。

破壊されたメラニン色素は、皮膚の生まれ変わり(参考→ターンオーバーについて)と同時に剥がれ落ちてしまうことになり、黒ずみの原因を根本から消し去ってしまえると言う訳ですね。

ただし、レーザー治療をしたからといって「今後は黒ずみができない」という訳ではありませんので、再発させないためのアフターケアはとても大切です。

また、黒ずみの程度が重症化している場合は何度もレーザーによる治療を受けなければいけません。そうなれば費用も嵩むことになりますし、その辺りは担当の先生へ相談してみるようにして下さい。

ケミカルピーリングによる治療


ケミカルピーリングという言葉は聞き慣れない人が多いと思いますが、果たしてどのような治療方法なのでしょうか?

ケミカルピーリング(chemical peeling)とは、アルファヒドロキシ酸(AHA)やサリチル酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布し、新陳代謝の悪くなった角質層を剥がす治療法である。角質を溶かすのではなく、角質間の結合を弱める作用がある。そのため、施術後は自然に角質が剥がれていく。引用元:wikipedia

要するに、黒ずみが気になる患部にケミカルピーリングを施すことで古い角質を剥がしてしまい、強制的に「皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)」を促すことが目的の治療方法です。

黒ずみの原因を根本から取り除くことができますし、所要時間も30分程度と短いです。料金はそこそこ値が張りますが、完治までに数万円と、頑張ればどうにかなる金額であることが多いです。

何度か病院に足を運ぶことにはなりますが、より確実性を求めるのであればケミカルピーリングで治療することを選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょうか?

黒ずみ治療に積極的な皮膚科を探す


一言で「皮膚科」といっても、受診する病院によって得意、不得意の分野がありますので、より確実な治療を受けたい場合は「黒ずみ治療に積極的な皮膚科」を探すことが大前提となります。

そうでない皮膚科を受診した場合、「じゃあこれ塗っておいてください」とそれなりの塗り薬を処方されるだけで終わってしまい、根本的な解決にならないことが多いです。

例えば、レーザー治療をするのであれば「専門機器」がなければ行うことができません。そのような機器を所持している皮膚科と、所持していない皮膚科に分かれてしまいますので、事前に確認しておくことが必要です。

皮膚科選びで失敗しないためには、「最寄りの皮膚科を全てピックアップ」し、その全てに問い合わせてみることをオススメします。電話が億劫であれば、ホームページを参考にするのもありですね。

黒ずみに特化した皮膚科であれば、ホームページ上に「症例画像」が挙げられていることが多いです。そのような場合、「黒ずみ治療に自信がある」と判断しても大丈夫ですので、そこで受診してみるようにしましょう。

間違っても、「家から一番近いからここの病院でいっか」という判断だけは避けるようにしましょう。時間の無駄になる可能性が高いですし、治療費も無駄になってしまいます。

脇の黒ずみ対策には「ピューレパール」がオススメです

ピューレパール

値段 返金保証
4750円〜 60日間

 「ピューレパール」公式サイトはコチラ

より詳しい情報は→「ピューレパール」の効果と口コミのまとめページで紹介していますので参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。