「脇の黒ずみの原因」を知り、対策するようにしよう

m005-002

男性はそうでもないですが、女性であれば「脇の黒ずみ」に一度は悩まされたことはあるのではないでしょうか?

冬場であればまだしも、薄着で外出することの多い夏場では特に気になる問題です。

「脇の黒ずみをどうにかしたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか?さて、そんな女性の敵である「脇の黒ずみ」ですが、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか?

このページでは、「脇の黒ずみ」の原因についてお話していきたいと思います。


「メラニン色素」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。メラニン色素とは、紫外線や刺激から私たちの身を守ってくれる働きをしてくれるとても大事なものです。

皮膚の表面にバリアゾーンを形成し、紫外線の侵入を防いでくれる役割を果たしてくれているのです。メラニン色素の働きがなければ、紫外線によってDNAを破壊されることになり、結果として「皮膚がん」になってしまいます。

「シミになる」と悪評高いメラニン色素ではありますが、なければ私たちは生命活動を続けることができません。メラニンを敵視するのではなく、上手く付き合っていく方法を模索すべきですね。

脇の黒ずみの原因は、「メラニン色素」が定着してしまうために起きてしまうのですが、なぜ脇の下へ集中的にできてしまうのでしょうか?

脇の下はとてもデリケート


私たちの皮膚は体中に張り巡らされている訳ですが、部分的に「皮膚が薄い部分」が存在します。一般的にデリケートゾーンと呼ばれる箇所が、それにあたります。

脇の下も例外ではなく、他の箇所に比べると皮膚の厚みが薄くなっています。ですので、少し刺激を受けるだけで「これはやばい!」とメラニン色素が活発に働きだすことになります。

結果として、「メラニン色素が定着」してしまい、黒ずみとなってしまうのです。「脇の皮膚が薄い」というのは全ての人に共通することですので、ここをどうにかすることはできません。

となると、如何にして「脇に刺激を与えないか」が重要なファクターとなるのです。

摩擦に気をつける


脇は非常にデリケートですので、少しの「摩擦」でも敏感に反応してしまいます。服が擦れたり、下着が擦れたりするだけでも黒ずみの原因となってしまうので、出来る限り摩擦を抑える努力をするようにしましょう。

例えば、ブカブカの服を着るのであれば「インナー」で脇をガードしてみたり、下着が脇に接触すると感じるのであれば「自分にあった下着をつける」ことで解決できます。

とはいっても、多少は擦れてしまうものです。ですので、過剰に気にするのではなく「なんとなく擦っていない感じがする」ぐらいの認識で大丈夫です。

カミソリが原因に?


カミソリ
脇毛をそのまま放置する訳にもいきませんので、ほとんどの女性は脇毛を「処理」していると思います。多くの女性が、カミソリを使い脇毛の処理をしていることでしょう。

しかしながら、この「カミソリで脇毛を処理する」といった行動が、黒ずみを発生させる大きな原因となっているのです。

メラニン色素は、「刺激」が原因で活発に活動することになります。ですので、カミソリで皮膚を傷つけるという行動は、メラニンの活動を促進していることになるのです。

できるだけカミソリを使わない!というのがベストな対策方法ではありますが、脱毛器はとても高いですし現実的ではありません。ですので、最低限ローションや専用のクリームを使い、カミソリのダメージを最大限抑えるようにしましょう。

もし脱毛器を検討するのであれば「ケノン」がオススメです。

「ケノン」公式サイトはコチラ(外部サイト)→超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

制汗剤の使用


特に夏になれば、脇汗を気にするがあまり「制汗剤」を使用する女性も多いと思います。制汗剤は即効性がありますし、その効果の高さはピカイチですが、ワキの黒ずみに対してはマイナスの影響を与えてしまいます。

というのも、制汗剤の多くは「金属」が成分に含まれていますので、使用するだけで「脇にダメージ」を与えてしまうことになるのです。

一度や二度の使用であれば特に問題はありませんが、頻繁に使用してしまうと「脇へのダメージ」が蓄積されてしまい、結果としてメラニン色素が定着してしまうことになるのです。

ですので、脇の黒ずみが気になるのであれば「制汗剤」の使用は避けたほうが良いと言えます。

脇の黒ずみ対策には「ピューレパール」がオススメです

ピューレパール

値段 返金保証
4750円〜 60日間

 「ピューレパール」公式サイトはコチラ

より詳しい情報は→「ピューレパール」の効果と口コミのまとめページで紹介していますので参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。