「ワキガ」は治るものなのか?その方法は?

ワキガは治る?

「ワキガは自分では分からないもの」と言われていますが、決してそんなことはありません。

私を含め、多くのワキガ体質の方が自分の匂いのことで悩み、頭を抱えているのです。このページをご覧になっているということは、あなたもワキガで悩んでいるのではないでしょうか?

「ワキガを治したい」という気持ちはワキガで悩んでいる人であれば一度は思うこと。もう、「臭いと思われていないかな?」と不安になりたくありませんよね?

では、詰まるところ「ワキガは治るのか?」という疑問に対して、このページで結論づけていきたいと思います。


先ほどから「治す」という表現を使っていますが、そもそもワキガは「体質」によっておこるものです。ですので、治すというよりは「改善する」という表現のほうが正しいです。

手術(参考→ワキガ手術について)によって根本的な原因に対する治療を行うことは可能ですが、基本的には自分でできる対策により「体質を改善していくもの」と認識しておいて下さい。

さて、「ワキガは自力で改善できるのか?」という疑問に対しての答えは「YES」です。実際、私も長年苦しめられたワキガを自力で改善し、今では「え、脇から匂いがすることなんてあるの?」と、とぼけるようになれるほど良い方向に変化することができました。

ですので、あなたも「ワキガを改善する」ことは可能です。お金がアホみたいにかかるとか。到底達成できないような方法ではなく、とても現実的な方法ですのでご安心下さい。

後は、行動あるのみです。行動を起こした人とそうでない人とでは、見ることのできる世界が違います。「ワキガを改善したい」と思っているだけの人と「ワキガを改善するために行動する人」では、天と地ほどの差がつくことは明白です。

このページを見た今が人生の転機です。ぜひ、行動に移すようにして下さいね。

私がワキガを改善することができた方法を暴露します


先に伝えておきますが、私の場合「ワキガの根本的な治療」をしたのではなく、自力で「ワキガを改善した」ということになります。ですので、気を抜けばワキガ臭が強くなってしまうことも考えられます。

決して「ワキガが治った」「原因であるアポクリン腺が無くなった」という訳ではありませんので、その辺りは十分理解しておいて下さい。

ただし、今のところ「ワキガ臭」を指摘されることはなくなりましたし、恋人からも「ワキガの匂いがなくなったね!」とお褒めの言葉を頂いておりますので、結果としては「ワキガが治った」と言っても遜色ないと思います。

では、私が「ワキガを改善した方法」とはどのようなものなのでしょうか?ここで包み隠さずここで暴露したいと思います。

  • ワキガ専用の対策グッズを使用するようにした
  • 睡眠不足気味だったので、睡眠時間を意識するようにした
  • ストレスが溜まったと感じた場合は、解消することに全力を尽くした
  • 栄養バランスを考慮し、日々の食生活を根本的に見なおした

では、一つずつ詳しくみていきましょう。

ワキガ専用の対策グッズを使用した

実際、ワキガ専用の対策グッズを使うようになってから、目に見えるような変化が体に起こるようになりました。

それまでは市販されている数百円の美容クリームや、制汗剤(参考ページ→制汗剤は効かない?)を使用していたのですが、私が持つ強力な「ワキガ体質」の前ではそれらの効果は微々たるものでした。

正直、お金と時間の無駄であることは明白なほど、その効果の恩恵に授かることはできませんでしたから。そこで、私は考えを改めました。

効果のない対策グッズでお金と時間を浪費するのであれば、信頼のおける「ワキガ専用のもの」で対策をしてみよう。と。

もちろん、市販のものに比べると高価ですし、「詐欺じゃないの?」という不安がなかったと言えば嘘になります。ですが、今では「あの時、この判断をして本当によかった」と思えるほど、その効果は絶大なものでした。

やはり、「専用」の名は伊達じゃなかった。

「ワキガ専用の対策グッズを使用しなければ、改善することはできない」という訳ではないですが、やはり使用したほうが解決までのスピードと成功率が格段に上がることは間違いありません。

ワキガにお悩みであれば、ぜひ選択肢の一つとして考慮しておくようにしておきましょう。ちなみに、私が使っているのはクリアネオ(←公式サイト)というものです。

睡眠時間を意識した

睡眠時間を意識したからといって、「ワキガを改善する」根本的な要因とはなりませんが、間接的には良い影響を与えることが可能です。

そもそも、私たち人間の体は「睡眠ありき」で活動しています。質の良い睡眠をとることができなければ体の至る所に悪い影響をもたらしてしまいますし、最悪の場合は何かしらの病気へ発展してしまうこともあります。

それまでの私は、2時就寝、6時起き。と、毎日4時間足らず(しかも音楽をかけたり、電気をつけた状態で)しか睡眠をとっておらず、その質もとても悪いものでした。

睡眠不足になってしまうと、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れてしまえば「汗をコントロールする能力」が格段に下がってしまいますので、結果として「ワキガの元となる汗」を過剰に分泌してしまうことになるのです。

このことから、4時間だった睡眠を、「最低でも6時間、余裕があれば8時間の睡眠」を心がけるようにし、睡眠不足を解消することにしました。

ストレスを解消することにした

ストレスを溜め込んでしまうと、体の至る所に悪影響を及ぼしてしまいます。ワキガも例外ではなく、ストレスが原因で悪化してしまうことになるのです。(参考ページ→ストレスとワキガの関係

ですので、ワキガを改善したいのであれば「極力ストレスは溜めないこと」と、「溜まったストレスは解消すること」を意識することで大きな効果を得ることが可能です。

例えば、休日は趣味に没頭する。などが良い例ですね。私の場合は「スノーボード」が趣味なので、お金に糸目はつけず週末になると毎週のようにゲレンデへ足を運びました。

仕事で溜まったストレスは、その週の内に解消する。ってな具合ですね。後はカラオケに行ったり、欲しいものを買ったり、ジョギングしたり。ありとあらゆる方法でストレス解消をすることに専念しました。

それによりワキガ臭がマシになりましたし、何より体の調子が以前に比べて良くなりました。ストレスが溜まっていると自覚しているのであれば、解消できるよう何かしらの行動を起こしましょう。


食生活の見直し

ワキガと食生活はとても密接な関係にあります。そのため、食生活を見直すことで「ワキガを改善」できるようになる可能性は高くなります。

というのも、ワキガの原因となる「アポクリン腺」は食べるものによって活発化してしまう傾向にあるからです。具体的には、「動物性タンパク質(肉食)」中心の生活をしてしまうと、アポクリン腺の活動が活発になり、結果としてワキガ臭が増してしまうというメカニズムです。

ということで、私は「肉中心」の食生活から「野菜中心」の食生活へ舵を切りました。もちろん、全く肉を食べないという訳ではなく、バランス良く摂取するという意味です。

軽度なワキガであれば、食生活を見直すだけでも改善できるかもしれません。それほどワキガにとって重要なことですので、まずは食生活の見直しから実践してみてはどうでしょうか?


長く書きましたが、ここで書いてあること全てを実践すれば、「ワキガを改善」することができる可能性は高いです。後は、やるかやらないか。の世界です。

一度に全てを改善することは難しいと思います。ですので、少しずつ日々の生活に変化をつけていき、徐々に慣れていくようにすることが成功のコツです。

では、頑張ってみて下さいね!

ワキガ対策には「クリアネオ」がオススメです

スクリーンショット 2016-04-15 21.51.07

お値段 返金保証
4980円〜 永久返金保証付き

 「クリアネオ」公式サイトはコチラ

 

より詳しくはクリアネオは効果なし?のページで紹介していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。