妊娠中の「脇黒ずみ」について。いつかは解消される?

妊娠中

妊娠すると、体の至る所に変化がでてきます。

良い方向に変化する箇所もあれば、悪い方向に変化する箇所もありますが、やはり気になるのは「悪く変化した」箇所についてではないでしょうか?

体重が増えることで見た目が大きく変わってしまったり、イライラがつのりストレスフルになったり。マタニティブルーという症状もありますね。

特に多くの女性がショックを受けるのが「黒ずみ」についてであり、「乳首」「デリケートゾーン」にもその傾向が見られやすいです。

「脇」も例外ではなく、妊娠前は綺麗な脇をしていたのにも関わらず、妊娠後、気がついたときには「黒ずみ」ができていた。というケースがとても多いです。

ではなぜ、妊娠後は体のアチコチに「黒ずみ」の症状が見られるのでしょうか?また、産後は「脇の黒ずみ」を解消することができるのでしょうか?

妊娠中に脇の下が黒くなる原因


妊娠は女性にとって、とても大きな変化をもたらしてしまうものです。自分の体の中に、新しい命を宿すわけですから、そう単純なことでないことはお分かり頂けるはずです。

妊娠中は、自分の体を守るためや、妊娠を問題なく継続するために「女性ホルモン」が変化します。難しいことを言うと、妊娠20週辺りから「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが増加することにより、ホルモンバランスが崩れてしまうことになるのです。

大前提として知っておいてもらいたいのですが、「黒ずみ」は「メラニン色素が定着」してしまうことにより起きてしまうものです。

メラニンは、私たちの肌を紫外線などから守ってくれる役割があるのですが、その過程でメラニン色素が肌に浮き出てしまうのです。

メカニズムとしては、紫外線などにより、肌の奥のほうにある「メラノサイト」と呼ばれる細胞にダメージを受けると、「皮膚を守らなければ!」とメラニンが活発になり、結果として「黒ずみ」になってしまう。ということです。

妊娠中に「エストロゲン」「プロゲステロン」が増加してしまうというのは先程お話しましたが、この女性ホルモンは「メラノサイト」に刺激を与えてしまう性質があります。

これが、妊娠中に「黒ずみ」ができる主な原因となります。ハッキリ言って、妊娠中であれば誰にでも起きる現象ですので、それほど気にしないのが一番です。

産後には改善する?


とはいっても、永遠に乳首が黒かったり、脇の下が黒くなっているのは「許せない」という女性が大半だと思います。

「産後も黒ずみが残ってしまったらどうしよう」「もうノースリーブが着れないよー」と不安になっているママさんも多いでしょうが、その辺りは安心して下さい。

「黒ずみは産後に解消します。」大事なことなのでもう一度言いますが、「黒ずみは産後に解消します!」

ただし、いつになれば治るの?という問いに対しては、「分からない」としか言えないのが原状です。産後一ヶ月後には綺麗になっていた!という人もいれば、1年経っても治らない。という人もいるのです。

要するに、人によって「黒ずみが解消する期間」が違うのですね。ただ、「気がついたら元に戻っていた」というケースがほとんどですので、あまり気にかけず「いつかは解消されるだろう」という気持ちでいることが大事です。

ただし、例えば「来月の結婚式には黒ずみをどうにかしたい」とか「脇を誰かに見られることで精神面に悪影響がでてしまう」とか、「黒ずみ」を早急にどうにかしなければならない理由があるのであれば、それなりの対策をしてあげる必要があります。

当サイトは、「脇の黒ずみ」に関することはもちろんのこと、「脇の悩み」を解決するための情報を発信していますので、参考にして頂ければと思います。

脇の黒ずみ対策には「ピューレパール」がオススメです

ピューレパール

値段 返金保証
4750円〜 60日間

 「ピューレパール」公式サイトはコチラ

より詳しい情報は→「ピューレパール」の効果と口コミのまとめページで紹介していますので参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。