ワキガは手術で治る?危険ではないの?

ワキガ手術について

ワキガで真剣に悩んでいる人は「手術してでも完治させたい!」と願っている人も多いのではないでしょうか?過去に私もそう考えていた時期がありました。

幸い私は「手術は受けずに」ワキガを改善することができましたので行動するには至らなかったのですが、タイミングがずれていれば、きっとワキガ手術を受けていたと思います。

ワキガを改善するのに「手術」という選択肢を考慮することは決して間違いではありません。効果が目に見えて分かりますし、即効性に関しても随一でしょう。

しかし、ワキガを手術で改善するには多少なりともリスクがありますし、金銭的な面で見てもデメリットがあります。

色々な角度からメリット、デメリットを考えることが重要となりますので、このページで「ワキガ手術の重要ポイント」について取り上げてみたいと思います。


ワキガの手術内容は複数の選択肢があるのですが、今現在で多くの病院が取り入れ、最も選ばれている手術方法である「剪除法」にフォーカスを当てお話していきたいと思います。

「剪除法(せんじょほう)」とは医者が目視で「アポクリン腺(参考→アポクリン腺について)」を確認し、除去する手術であり、より「除去率が高い」方法となります。

脇の下にメスを入れるため、傷跡はどうしても深くなってしまいがちですが、ワキガの主原因でもあるアポクリン腺をより確実に取り除くことができるため効果が高いと言えます。

ただし、腕の悪い医者に当たってしまうと「アポクリン腺を確実に除去できていない」などの問題が発生する恐れがあります。ですので、手術を受ける病院の選定には力を入れておいたほうが良いです。

アポクリン腺が残っていれば、せっかく手術したにも関わらず「ワキガが再発」してしまうことが考えられます。結果として何度も何度も手術を受けなければならないことになりますので、リスク面、金銭面でデメリットが生じてしまう恐れがあるということを理解しておきましょう。

費用ですが、保険や手術を受ける病院によって開きがでます。おおよそ「20万〜50万円」ほどで事足りるとは思いますが、詳しくは手術を受ける病院にてご確認下さい。

手術のリスクについて知る


何のリスクも負わずに手術できることが理想ではありますが、現実はそう甘くありません。手術により強制的に体質を変えることになりますので、何かしらの体の変化は覚悟しておいたほうが良いです。

もちろん、「必ず副作用がある」という訳ではなく、手術をする前は「副作用があるかもしれない」という心構えが必要だということです。

先ほどお話した通り、脇の下に大きな傷跡(4〜5cm)が残ることになりますし、金銭的な面でみてもリスクがあります。ワキガが完治せず、再発してしまうというリスクも負わなくてはいけませんね。

その他に十分覚悟しておいて欲しいのが、「他の部位からの匂いが強くなるリスク」です。

アポクリン腺は脇だけでなく、耳や陰部にも数が多い汗腺です。そのため、半強制的に「脇からアポクリン腺を除去」したことによる、他部位への影響も考慮しておかなければなりません。

手術前であれば脇のアポクリン腺から分泌されるはずであった汗が、行き場を失い「他部位」から分泌されるリスクがあるということです。

特に陰部にはアポクリン腺が多く、「ワキガは治ったけど、次は陰部の匂いが気になる」ということにも成りかねませんので、その点は十分理解しておいて下さい。

精神的な要素も考慮する


意外と盲点なのが、「精神面」に関することです。今あなたは「ワキガによる匂い」にとても敏感な状態です。臭いと思われていたらどうしよう。臭っていないかな?

と、常に不安を抱きながら日々の生活を送っているはずです。ワキガで悩んでいる人は「他人には気づかれない匂い」であっても臭いと感じてしまい、結果として「とてつもない不安感」に襲われてしまうのです。

現在私はワキガの改善に成功し、メンタル面でみても安定した生活を送ることができていますが、改善当初は「疑心暗鬼」というかなんと言いますか・・・

「本当に臭っていないのか?」と不安で不安で仕方ありませんでした。

信頼できる親や恋人に「臭ってない?」と何度も何度も質問を繰り返し、「臭ってないよ!」という返答に対しても「本当に臭っていないのか?」と疑ってしまうほど、精神面が不安定でした。

長年ワキガで悩み続けていた苦悩を、改善したからといって即座に取り除けるものではないのです。

そのため、手術後に無事改善したにも関わらず、「まだ改善してないのでは?」「臭いと思われているのでは?」と考えてしまう人が多いようです。

そのため、手術前は精神面に関する要素も考慮しておいたほうが良い。と言えますね。

ワキガ手術に保険は使える?


ワキガ費用はとても高額です。治療を受けるクリニック、病院によりますが、自由診療で数十万円の出費は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

ただし、ワキガ手術を「保険診療」に切り替えることで、大幅な料金節約をすることができますので、手術を考えている人は「保険診療可能」なクリニックで治療を受ける。ということにフォーカスを当てましょう。

そもそも、保険診療か、自由診療かを決めるのは「医師の判断」であることが多いです。ワキガは「匂い」に関することですので、直接命に関わるようなものではありません。

更に、「匂い」という概念が曖昧なため、保険診療に該当するかどうかがとても難しいところなのです。

ですので、「保険診療可能」なクリニック、病院を選び、尚且つ「ワキガ手術で保険を適用してくれる所」を探しだすことが大事です。

保険診療であれば、5万円ほどで手術を受けることも可能となりますので、この手間をかけるメリットはとても多いと思います。複数のクリニックに問い合わせし、「保険診療可能な場所」でコストダウンを図りましょう。

手術は受けたほうが良い?


これは、ワキガで悩んでいる「お悩みレベル」によって答えが変わります。例えば、「ワキガが原因で生きているのが辛い。明日なんてこなければ良いのに」と人生を悲観するレベルで悩んでいるのであれば、手術を受けたほうが良い。と言えます。

診察を受けるだけでも気持ちは楽になるでしょうし、「ワキガを治療できる」という現実が精神面に良い意味で影響を与えることは間違いありません。

手術を受ける、受けないは別にして、ワキガで相当しんどい思いをしているのであれば医師の診察を受けることをオススメします。

一方で、「ワキガが気になる」「改善できるならしたい」程度のお悩みであれば、手術を受けるまでもない。と言えます。

実際、手術を受けずにワキガを改善することは可能です。もちろん症状の重さや、個人差によって改善できるかどうかは大きく違ってきますが、「とりあえず自分で対策」してみて、ダメなら手術に切り替える。

ぐらいの気持ちで良いと思います。食生活や生活習慣を正してみたり、ワキガ専用のクリームを使ってみたり。色々できることはあるはずです。

まずは「ワキガを改善してやる!」と行動するところから始め、最終手段として「手術」という選択肢を考慮しておくのが最善の策だと私は考えています。

ワキガ対策には「クリアネオ」がオススメです

スクリーンショット 2016-04-15 21.51.07

お値段 返金保証
4980円〜 永久返金保証付き

 「クリアネオ」公式サイトはコチラ

 

より詳しくはクリアネオは効果なし?のページで紹介していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。